加齢臭の年齢

アイランド02
加齢臭は、そのネーミングからもわかりますし、中年になるとニオイがきつくなるという事からもわかるように年を取るにつれ発する割合が多くなりますし、ニオイもきつくなってくるものです。
では、加齢臭は何歳くらいからでてくるようになるのでしょうか。加齢臭については、その人の体質、食生活、生活習慣によっても変わってきますので、一概に何歳からということは言えません。50歳を超えてもあまり加齢臭がしないという人もいれば、30代でもう加齢臭がするという人もいるのです。ただ、平均を見れば、だいたい40歳前後くらいから加齢臭が出てくるようです。
ただ、40歳前後から加齢臭が出てくるからといって、それまでは何もしなくてもいい、というわけではありません。前述のように生活習慣や食生活によっても大きく変わってしまいますので、乱れた食生活や生活を送っていると、40歳よりも早くニオイが出てくる可能性があるのです。逆を言えば、しっかりと加齢臭が出てくるまえから加齢臭対策、規則正しい生活を送っていれば、たとえ加齢臭が出やすい体質だったとしても、年齢を遅らせることもできますし、加齢臭が出てきたとしても、それほど強烈なニオイにならないかもしれないのです。
とはいえ、加齢臭対策は実際にニオイが出てこないとやらないものです。しかも加齢臭は自分自身ではなかなか気がつかないものですから、やはり平均的な年齢は把握しておき、もしこれに近い年齢になってきたら、自分ももしかすると加齢臭が出てきているのかもと注意する事が大切です。

Comments are closed.