女性も加齢臭はある?

アイランド03
加齢臭は、そのネーミング通りで年をとった中年くらいから独特の嫌な臭いがします。しかもたいていは、加齢臭がキツイというのは中年男性というケースが多いようです。では、加齢臭は中年のしかも男性だけに発生する臭いで、女性にはないのでしょうか。
ですが、加齢臭は男性だけではなく女性にも発生するニオイです。個人差がありますので、どちらが多いのか、どちらが臭いがきついのか、というのは一概にはいえませんが、体質的には女性のほうが加齢臭が発生する可能性、臭いがきつくなる可能性は高いともいわれています。
加齢臭の臭いの原因は、皮脂にふくまれる物質が過酸化脂質により酸化され嫌な臭いの元凶であるノネナールが発生してしまうためです。女性は男性よりも身体全体に脂肪がつきやすくできています。脂肪がつきやすいということはすなわち過酸化脂質も多くなるということですので、皮脂の分泌量にもよりますが、やはりノネナールの分泌量は多くなってしまのです。そのため、加齢臭は中年男性だけ、と思っていて何も対策をしない女性は、やはり加齢臭がきつくなってしまう可能性があります。
ではなぜ、加齢臭イコール中年男性というイメージがあるのでしょうか。そして、実際同年齢の男女の臭いを嗅いでみると、やはり男性のほうが圧倒的に加齢臭はするのでしょうか。それは、やはり日頃のケアによるものでしょう。女性はみだしなみとして常に綺麗でいたいもので、しっかりお風呂に入って常に清潔な状態でいるものです。そして、香水や化粧などの臭いで紛わせられているのです。逆に男性は外で仕事をして汗をたくさんかいたのにシャンプーどころかお風呂にも入らない、入ってもきれいに身体を洗わない傾向にあるので、それが臭いを悪化させる原因なのです。

Comments are closed.