外国人も加齢臭はある?

加齢臭は今日本ではよく話にでてきており、加齢臭の原因のひとつに遺伝があります。では、この遺伝は日本人特有のものなのでしょうか。日本では、確かに加齢臭にたいして非常に敏感であり、ドラッグストアやスーパーなどで加齢臭対策グッズが店頭に並んでいたり、多くの雑誌で取り上げられ、インターネットサイトでも対策等が載っています。そのわりに、外国では日本ほど加齢臭にたいして執着しているところも少ないです。
では、やはり加齢臭は日本人特有の体質ということになるのか、というとそうではありません。もちろん人種によってもその臭いは若干変わってくるかもしれませんが、外国人でも加齢臭はあるのです。というか、日本人よりもキツイ臭いを発することが多いようです。
では、なぜ外国では、もしくは外国人は加齢臭にそれほど執着していないのでしょうか。それは外国人の多くはもともと非常に体臭がキツイという点があります。それをごまかすために大量の香水をつける方も多く、その臭いは加齢臭以上になっていることがあるのです。ほとんどの方が体臭がキツイということから、いくら加齢臭がしてもそれほど気にする人がいないのです。そのため、日本ほど執着していない、というわけです。日本人はワキガで臭いがキツイ人の割合はそれほど多くありません。そのため、加齢臭がやはり気になってしまうのです。
極論を言ってしまえば、加齢臭がキツくて周りから嫌がられているという方は外国に移り住めばそれほど周りは気にしないようになるのです。

Comments are closed.