加齢臭が男性に多い理由

加齢臭は本来、男女問わず年齢を重ねるたびに徐々に臭いがきつくなってくるものです。実際、加齢臭で悩んでいる方は男性が多いようですし、自分の周りで加齢臭がするのは中年男性の方が多いように感じます。
加齢臭は中年女性にもあるものなのですが、実際に加齢臭がするのが男性が多いのはなぜでしょうか。
それは、男性と女性では生活習慣やニオイに対する意識、美意識も違うという点が大きいようです。もちろん加齢臭は男女差というよりも個人差の方が大きいですので、一概には言えませんが、たとえば同じくらいの加齢臭を発している男性と女性を比較すると、やはり男性の方が加齢臭がキツイようです。その理由のひとつとしては、まずニオイに対する意識、美意識があります。女性は男性よりもニオイに敏感といわれていますし、男性よりも常に綺麗でありたい、美しくありたい、そして清潔でありたいという意識が強い傾向にあります。そのため、自分が加齢臭がすると思った時にはしっかりとニオイ対策をするものです。加齢臭がたとえしなくても、身だしなみとして、毎日しっかりとお風呂に入って身体を清潔にするものですし、下着はもちろん洋服も毎日同じものを着る事はないでしょう。男性の場合中年になればなるほどますます美意識は薄れ、仕事で汗をかいて帰ってきても、身体を洗わない、人によってはお風呂にすら毎日は入らないという人もいるほどです。そして、服も同じものを何日も着続ける人もいます。そのため、どうしても加齢臭が身体に残ったり服に残ったりするものなのです。
また、加齢臭はアルコールやたばこの摂取、疲れ、ストレス等でも発生しやすくなるもので、そういう意味でも男性の方が加齢臭がする人が多いといえます。逆に言えば、男性であっても女性のように常に清潔を意識するようにすれば加齢臭の軽減になるのです。

Comments are closed.