Author Archive

加齢臭が男性に多い理由

加齢臭は本来、男女問わず年齢を重ねるたびに徐々に臭いがきつくなってくるものです。実際、加齢臭で悩んでいる方は男性が多いようですし、自分の周りで加齢臭がするのは中年男性の方が多いように感じます。
加齢臭は中年女性にもあるものなのですが、実際に加齢臭がするのが男性が多いのはなぜでしょうか。
それは、男性と女性では生活習慣やニオイに対する意識、美意識も違うという点が大きいようです。もちろん加齢臭は男女差というよりも個人差の方が大きいですので、一概には言えませんが、たとえば同じくらいの加齢臭を発している男性と女性を比較すると、やはり男性の方が加齢臭がキツイようです。その理由のひとつとしては、まずニオイに対する意識、美意識があります。女性は男性よりもニオイに敏感といわれていますし、男性よりも常に綺麗でありたい、美しくありたい、そして清潔でありたいという意識が強い傾向にあります。そのため、自分が加齢臭がすると思った時にはしっかりとニオイ対策をするものです。加齢臭がたとえしなくても、身だしなみとして、毎日しっかりとお風呂に入って身体を清潔にするものですし、下着はもちろん洋服も毎日同じものを着る事はないでしょう。男性の場合中年になればなるほどますます美意識は薄れ、仕事で汗をかいて帰ってきても、身体を洗わない、人によってはお風呂にすら毎日は入らないという人もいるほどです。そして、服も同じものを何日も着続ける人もいます。そのため、どうしても加齢臭が身体に残ったり服に残ったりするものなのです。
また、加齢臭はアルコールやたばこの摂取、疲れ、ストレス等でも発生しやすくなるもので、そういう意味でも男性の方が加齢臭がする人が多いといえます。逆に言えば、男性であっても女性のように常に清潔を意識するようにすれば加齢臭の軽減になるのです。

オヤジ臭とは違う?

海02
加齢臭は一般的に中年男性になると発生すると言われており、実際に中年男性の近くに行くと独特の嫌なニオイがするものです。また、中年男性から発せられるニオイの事をオヤジ臭ともいうことがあります。では、この加齢臭とオヤジ臭とは同じものなのでしょうか。
たしかに、加齢臭とオヤジ臭は同じ扱いをされることもありますが、厳密に言えば別物という言い方も出来ます。オヤジ臭というと、やはり中年男性、つまり『オヤジ』から発生される嫌なニオイなのですが、加齢臭は中年男性からのみ発生するものではありません。加齢臭は個人差はあるものの男女関係なく中年になると発生するものです。むしろ脂肪の割合は女性の方が多いので、女性の方が加齢臭が発せられる事が多いかもしれません。ですが、中年女性から発せられるニオイをオヤジ臭とは言わないでしょう。
また、オヤジ臭は加齢臭のニオイだけとは限りません。タバコを吸う方は独特のニオイがするものですし、お酒を大量に飲んでいる方は、お酒を飲んでいなくてもどこかアルコール臭いところもあります。そして、中年男性が使用する整髪料、ポマードやリキッドなども独特の中年男性のニオイであり、これらも含めてオヤジ臭といえます。もちろん、これらのニオイが複数重なって、さらに独特の悪臭を放つ事もあるでしょう。要するに、加齢臭イコールオヤジ臭というわけではなく、オヤジ臭のなかの一種類として加齢臭があるという言い方のほうが正しいかもしれません。

加齢臭とワキガの違い

海01
強烈な嫌なニオイというと、ワキガがあります。加齢臭の方、ワキガの方、どちらの方に近づいても強烈なニオイを感じてしまい、不快に思ってしまうことでしょう。そのため、加齢臭とワキガ、どちらも同じものなのでは?と思う方もいるようです。たしかに強烈なニオイを発するという意味では同じですし、加齢臭だからいい、ワキガのニオイのほうがいい、ということもまずないでしょう。
ただ、加齢臭とワキガは全くの別物です。ワキガの原因は、アポクリン汗腺という汗腺から分泌する汗が皮膚表面にある常在菌により分解されることで発生されるニオイです。一方で加齢臭の原因は、皮脂腺から分泌されるノネナールによるものなのです。人間の皮膚には3つの分泌腺がありますが、汗の分泌(エクリン汗腺とアポクリン汗腺)と皮脂の分泌という点でも加齢臭とワキガとでは違うのです。
また、加齢臭とワキガはニオイが発生する部位も違います。ワキガのニオイが発生するのは、アポクリン汗腺がある部位であり、アポクリン汗腺はわきの下やデリケートゾーンに多くあります。そのため、ワキガのニオイはわきの下やデリケートゾーンに限られるのです。ですが、加齢臭は皮脂腺の多い部分から発生してくるので、耳の裏や顔、頭などから発生します。また加齢臭は、それ以外の部位、身体全体からも発生します。そして発生部位も異なることから、対策も違ってきます。ワキガは局所的な対策で対応できますが、加齢臭の場合はニオイがキツイ部位はあるものの、身体全体から発せられるものですので、対策としては、身体全体を清潔に保ったり、食生活や適度の運動等も大切になってきます。

女性も加齢臭はある?

アイランド03
加齢臭は、そのネーミング通りで年をとった中年くらいから独特の嫌な臭いがします。しかもたいていは、加齢臭がキツイというのは中年男性というケースが多いようです。では、加齢臭は中年のしかも男性だけに発生する臭いで、女性にはないのでしょうか。
ですが、加齢臭は男性だけではなく女性にも発生するニオイです。個人差がありますので、どちらが多いのか、どちらが臭いがきついのか、というのは一概にはいえませんが、体質的には女性のほうが加齢臭が発生する可能性、臭いがきつくなる可能性は高いともいわれています。
加齢臭の臭いの原因は、皮脂にふくまれる物質が過酸化脂質により酸化され嫌な臭いの元凶であるノネナールが発生してしまうためです。女性は男性よりも身体全体に脂肪がつきやすくできています。脂肪がつきやすいということはすなわち過酸化脂質も多くなるということですので、皮脂の分泌量にもよりますが、やはりノネナールの分泌量は多くなってしまのです。そのため、加齢臭は中年男性だけ、と思っていて何も対策をしない女性は、やはり加齢臭がきつくなってしまう可能性があります。
ではなぜ、加齢臭イコール中年男性というイメージがあるのでしょうか。そして、実際同年齢の男女の臭いを嗅いでみると、やはり男性のほうが圧倒的に加齢臭はするのでしょうか。それは、やはり日頃のケアによるものでしょう。女性はみだしなみとして常に綺麗でいたいもので、しっかりお風呂に入って常に清潔な状態でいるものです。そして、香水や化粧などの臭いで紛わせられているのです。逆に男性は外で仕事をして汗をたくさんかいたのにシャンプーどころかお風呂にも入らない、入ってもきれいに身体を洗わない傾向にあるので、それが臭いを悪化させる原因なのです。

外国人も加齢臭はある?

加齢臭は今日本ではよく話にでてきており、加齢臭の原因のひとつに遺伝があります。では、この遺伝は日本人特有のものなのでしょうか。日本では、確かに加齢臭にたいして非常に敏感であり、ドラッグストアやスーパーなどで加齢臭対策グッズが店頭に並んでいたり、多くの雑誌で取り上げられ、インターネットサイトでも対策等が載っています。そのわりに、外国では日本ほど加齢臭にたいして執着しているところも少ないです。
では、やはり加齢臭は日本人特有の体質ということになるのか、というとそうではありません。もちろん人種によってもその臭いは若干変わってくるかもしれませんが、外国人でも加齢臭はあるのです。というか、日本人よりもキツイ臭いを発することが多いようです。
では、なぜ外国では、もしくは外国人は加齢臭にそれほど執着していないのでしょうか。それは外国人の多くはもともと非常に体臭がキツイという点があります。それをごまかすために大量の香水をつける方も多く、その臭いは加齢臭以上になっていることがあるのです。ほとんどの方が体臭がキツイということから、いくら加齢臭がしてもそれほど気にする人がいないのです。そのため、日本ほど執着していない、というわけです。日本人はワキガで臭いがキツイ人の割合はそれほど多くありません。そのため、加齢臭がやはり気になってしまうのです。
極論を言ってしまえば、加齢臭がキツくて周りから嫌がられているという方は外国に移り住めばそれほど周りは気にしないようになるのです。

加齢臭の年齢

アイランド02
加齢臭は、そのネーミングからもわかりますし、中年になるとニオイがきつくなるという事からもわかるように年を取るにつれ発する割合が多くなりますし、ニオイもきつくなってくるものです。
では、加齢臭は何歳くらいからでてくるようになるのでしょうか。加齢臭については、その人の体質、食生活、生活習慣によっても変わってきますので、一概に何歳からということは言えません。50歳を超えてもあまり加齢臭がしないという人もいれば、30代でもう加齢臭がするという人もいるのです。ただ、平均を見れば、だいたい40歳前後くらいから加齢臭が出てくるようです。
ただ、40歳前後から加齢臭が出てくるからといって、それまでは何もしなくてもいい、というわけではありません。前述のように生活習慣や食生活によっても大きく変わってしまいますので、乱れた食生活や生活を送っていると、40歳よりも早くニオイが出てくる可能性があるのです。逆を言えば、しっかりと加齢臭が出てくるまえから加齢臭対策、規則正しい生活を送っていれば、たとえ加齢臭が出やすい体質だったとしても、年齢を遅らせることもできますし、加齢臭が出てきたとしても、それほど強烈なニオイにならないかもしれないのです。
とはいえ、加齢臭対策は実際にニオイが出てこないとやらないものです。しかも加齢臭は自分自身ではなかなか気がつかないものですから、やはり平均的な年齢は把握しておき、もしこれに近い年齢になってきたら、自分ももしかすると加齢臭が出てきているのかもと注意する事が大切です。